Home » アーカイブ

"アイシュワリヤー・ラーイ"のタグを含む記事

▶ Hum Dil De Chuke Sanam(1999)#099

伝統音楽家の娘アイシュは、弟子入りしたサルマーンと恋に落ち父の怒りを買う。それとは知らずに結婚したアジャイは、彼女の愛を確かめるためアイシュと共にサルマーンを探す旅に出る。果たして本当の愛とは?  今となっては、幻の日本公開作。

2010.11.05 - UPDATE!

▶ Raavan(2010)#090

「ディル・セ 心から」Dil Se…(1998)の名匠マニ・ラトナムが放つインド神話「ラーマヤナ」の現代版! アビシェーク・バッチャン&アイシュワリヤー・ラーイ・バッチャン共演の東京国際映画祭上映作! 追記2010,10,30

2010.10.27 - UPDATE!

▶ Josh(2000)#089

バイカーズ・ギャングを率いるシャー・ルク、ところが双子の妹アイシュが対立しているヒンドゥー・ギャングの弟チャンドラチュールと恋に落ちてしまい・・・というゴア版「ウエストサイド物語」!

2010.10.26 - UPDATE!

▶ Mohabbatein(2000)#081

全寮制男子大学グルクルの学長アミターブは厳格な校風を守り続けていた。ある日、バイオリンを抱えたシャー・ルクが現れ、音楽教師として雇われることになる。実は、彼こそ学長の娘アイシュと恋に落ちたグルクルの学生だった・・・。

2010.10.07 - UPDATE!

▶ Dev.D(2009)#071

ニュー・ストリームの旗手アヌラーグ・カシャップ監督が描く、華麗な「Devdas」とは真逆の、「現代版デーヴダース」。果たして、あなたはこの衝撃を受け止められるか?

2010.10.03 - UPDATE!

▶ Devdas(2002)#070

幼い頃から結婚を夢見ていたアイシュとシャー・ルク。しかし、アイシュはタークルに嫁がされてしまう。失意のシャー・ルクは高級娼妓マードゥリーの館に入り浸り、アルコールに蝕まれてゆく・・・。インド文学3度目のヒンディー・リメイク!

2010.10.02 - UPDATE!

▶ カタックを語る。#01 新「Umrao Jaan」

「Devdas」(2002)でマードゥリー・ディクシトに振付を施したインド人間国宝Pt.ビルジュ・マハラジ師に直接師事したインド宮廷舞踊家、佐藤雅子女史(みやびカタックダンスアカデミー主宰)による「ナマステ・ボリウッド」連載コラム。毎回、ボリウッド映画に登場する華麗な舞踊について月1でアップしてゆきます。

2010.10.01 - UPDATE!

▶ Bride & Prejudice(2004)#067

アイシュワリヤーは、米国人の大富豪に出会うが彼の偏見からあことあるごとに衝突して……。「ベッカムに恋して」の在外インド系監督グリンデール・チャダが英国文学「高慢と偏見」を現代に移しての映画化!

2010.09.30 - UPDATE!

▶ アイシュワリヤー・ラーイ・バッチャン

ミス・ワールド1994、ロンジン、ロレアル・パリのブランド・アンバサダーであり、カンヌ国際映画祭評議員を務め、マダム・タッソー蝋人形館にレプリカが収蔵。ボリウッドの王家バッチャンに嫁いだ美しき女神アイシュワリヤーへの扉がここに。

2010.09.29 - UPDATE!

▶ 第23回東京国際映画祭/バッチャンズ2作上映!

第23回東京国際映画祭「Raavan」ラーヴァン&「Sholay」炎、上映決定! バッチャンズ総出演! 予習にはぜひ「ボリウッド講座@早稲田」〜「ボリウッドに見るラーマヤナ」をどうぞ。

2010.09.23 - UPDATE!