06.01.27 UP


ヴィヴェーク・オベローイ

Vivek Oberoi

最新コレクションShootout At Lokhandwala08.01.15

う゛ぃーう゛ぇーく・おーべーろーい
1976年9月3日生まれ(ダーニシュダー)。ムンバイー出身。名優スレーシュ・オベローイを父に持つ。大学卒業後、ロンドンへ演技習得のため留学。帰国後、シナリオライターとして働き始め、「Compnay(カンパニー)」(2002)で俳優デビュー。「Kyun...! Ho Gaya Na」(2004)では脚本にも参加。デートしていたアイシュワリヤー・ラーイとは破局に終わった。
出演作16本、予定作5本。内コレクション4本。

モデル俳優を駆逐するか?! 骨太のニュー・ヒーロー!!
今世紀に入って続々と新人がデビューした中で、若手俳優の最右翼実力派なのがヴィヴェーク・オベローイ。父親譲りの野太い声に骨太な体躯は、ジムで培養されたあっさりマッチョ系モデル上がりが好まれる近年の傾向からすると異質とも言える。なにしろデビュー作Company(カンパニー)(2004)では演技派アジェイ・デーヴガンの向こうを張って、裸足で派手な追撃を展開! これが鮮烈な印象をもたらし、Film Fare Awards最優秀新人賞に輝く。この後も、「Saathinya(真実)(2002)、Dum(強靱)(2003)とタフな硬派俳優のイメージが増幅されてゆく。
もっとも、ヴィヴェークは案外、童顔で(しかも坊ちゃん刈り!?)、まっすぐに育った正直な青年という役にも相応しい。このへんがサルマーン・カーンと別れたアイシュワリヤー・ラーイとうまく行ってしまったようで(!!!)、Zee Cine Awards 2005の授賞式でも隣同士で座っていて、実にニヤニヤしていたヴィヴェークであった。まあ、これは脚本/台詞にも加わった「Kyun...! Ho Gaya Na」(2004)で共演したばかり、ということでもあるのだが、愛のナンバー「aao na aao na」ではヴィヴェークがいやに彼女の肌を撫で回していたかと思うと、アイシュの方も妙に艶っぽく、その上、曲の終わりにはぴったり唇を重ねてキスをしていたっけ!
ラーム・ゴーパル・ヴァルマーマニー・ラトナムなど実録路線だけでなく、スバーシュ・ガイーインドラ・クマールなどマサーラー路線のクセのある監督にも揉まれ、コメディにも挑戦! アイシュとの展開も含めて、今後が多いに気になるヴィヴェークなのである!?


受賞歴
2002年度 Film Fare AWARDS 最優秀新人賞 「Company

フィルモグラフィ :デビュー作、:役名、:特別出演、★★:二役、:プレイバック

2002年
1:「Company=チャンドラカーント(チャンドゥー)/アジェイ・デーヴガン、マニーシャ・コイララ
2: 「Road(ロード)=アラヴィンド・チャウハーン/マノージ・バージパイ、アンタラー・マリ
3: 「Saathiya(真実)=アディティヤ・シーガル/ラーニー・ムカルジー

2003年
4:「Darna Mana Hai」=アマル/サイーフ・アリー・カーン、ソーヘィル・カーン、ナーナー・パーティカル、アフターブ・シヴダサーニー、シルパー・シェッティー、アンタラー・マリ、イーシャ・コッピカル
5: 「Dum(強靱)=ウダイ・シンディー/ディヤ・ミルザー

2004年
6:「Kyun...! Ho Gaya Na」=アルジュン・カンナー/アミター・バッチャン、アイシュワリヤー・ラーイ、スニール・シェッティー、ディヤ・ミルザー
7: 「Masti」=ミート・メーフター/アジェイ・デーヴガン、アフターブ・シヴダーサーニー、ラーラー・ダッタ、アムリタ・ラーオ
8: 「Yuva(若者たち)=アルジュン/アジェイ・デーヴガン、アビシェーク・バッチャン、ラーニー・ムカルジー、カリーナ・カプール、イーシャ・デーオル

2005年
9:「Deewana Huye Paagal」=ストーリーテラー/パレーシュ・ラーワル、アクシェイ・クマール、スニール・シェッティー、シャーヒド・カプール、リミー
10:「Kaal」=デーヴ・マルホートラ/アジェイ・デーヴガン、ジョン・エイブラハム、イーシャ・デーオル、ラーラー・ダッタ、シャー・ルーク・カーン、マライカ・アローラ
11: 「Kisna=キスナ・スィン/イーシャ・シャルワニー、スシュミター・セーン、リシター・バット

12:「Home Delivery」=サニー・チョープラ/ナスィールッディーン・シャー、サンジャイ・シュリー、マヒマー・チョウドリー、ジュヒー・チャーウラー

2006年
13:「Pyare Mohan」ファルディーン・カーン、イーシャー・デーオル、アムリター・ラーオ
14:「Omkara」ナスィールッディーン・シャー、アジャイ・デーヴガン、サイーフ・アリー・カーン、カリーナ・カプール、ビパーシャー・バス、コンコナー・セーン・シャルマ
15:「Naksha(地図)=ヴィッキー/サニー・デーオル、サミーラー・レッディ

2007年
16:「Shoot Out at Lokhandwala=マヤ/アミターブ・バッチャン、サンジャイ・ダット、アビシェーク・バッチャン、トゥシャール・カプール、ディヤ・ミルザー

 

製作中/アナウンス済み
「Dilruba」アヌパム・ケール、イルファーン・カーン、タッブー、マヒマー・チョウドリー
「Dus Kahaniyaan(10の物語)シャーム・ベネガル/サンジャイ・ダット、アルジュン・ラームパール、アーフターブ・シヴダサーニー、ビパーシャー・バス、ジュヒー・チャーウラー、マニーシャ・コイララ
「Fool and Final」ジャッキー・シュロフ、サニー・デーオル、スニール・シェッティー、シャーヒド・カプール、ビパーシャー・バス、ラザック・カーン
「Paani(水)プリティー・ズィンター
「Raas Leela」

(c) Copyright 2001-8 Studio Third Eye,Namaste Bollywood. All Rights Reserved. since 2001.01.01.
★承認なしの直リンクを禁じます。

FRONT PAGE  ボリウッドスーパースター列伝  脇役商会  これくしょん  メール  リンク