01.09.12 UP



ソーナーリー・クルカルニー

Sonali Kulkarni

最新コレクションBride & Prejudice06.06.30

そーなーりー・くるかるにー
11月3日生まれ。プネーで育つ。兄弟も劇作家。幼年期から演劇に参加し、プネーに演劇グループを持ちながら、マラーティー演劇で活動。16歳の時、芸術映画「Cheluvi」でタイトルロールを演じてスクリーン・デビュー、海外でも高い評価を得る。舞台「Doghi」で村娘を演じ、シャンタラーム国家賞を受賞。「Daayra」は、カンヌ映画祭でも主演女優賞を受賞(と伝えられる)。しかし、インド国内ではリリースされず終い(アメリカ、フランス、シンガポールでは公開)。
出演作24本、予定作2
本。内コレクション5本。

 

遅れてきたマラーティーの豊かな才女!
インドの芸術映画は興業が成り立たないため、優れた俳優であっても一般の観客に知られることは少ない。ソーナーリー・クルカルニーも、そんなひとり。ようやく最近、ボリウッド映画ファンに知られるようになった。
ヒンディー・メジャー初作品はMission:Kashmir」アルターフ(2000)で、ムスリム警官イナヤート・カーン(サンジャイ・ダット)の妻でヒンドゥーのニーリマー役。キャスティングが発表された当初、「誰?!」という反応であったが、幼い子供を事故で失い、テロリストを匿った家族が手入れで皆殺しにされた孤児アルターフ(リティック・ローシャン)を我が子のように受け入れ、彼のトラウマを癒す母親役を見事に演じた。
特に彼女の温かみのある声とプレイバック・シンガー、マハーラクシュミーの歌う子守歌が観る者の心に染み入り、テロリストを演ずるリティックの苦悩により感情移入できた(ソーナーリーとマハーラクシュミーは顔立ちも似ているため、プレイバックが自然に思える)。

その後は、ラーム・ゴーパル・ヴァルマー製作のスリラーPyar Tune Kya Kiya(2001)、アーミル・カーン主演Dil Chahta Hai(心が望んでる)(2001)などメジャー作品の出演が続く。
しかし、実力派だけに、インド独立の際、初代法務大臣としてインド国憲法を創設しながらガーンディーらに追われた「ハリジャン」アンベードーカル博士の伝記映画「Dr.Babasaheb Ambedkar(アンベードーカル博士)(2000)にも出演(インド独立50周年記念として製作され、主演には「頭目」Dalapathiラジニーカーントの兄貴分役を演じたマラヤーラム映画界のトップスター、マンムーティーが自慢の髭を剃り落として出演した)やシェークスピア「Macbeth(マクベス)などアート系作品にも出演。また、舞台の方もヒンディー語劇「Basant Ka Teesra Yauvan」に挑戦するなど彼女のキャリアは始まったばかりである。


受賞歴
1995年 シャンタラーム国家賞 「Doghi」(舞台)
1996年 カンヌ映画祭主演女優賞??? 「Daayra」
2004年 Screen Videocon Awaers「Devrai」(マラーティー)主演女優賞

フィルモグラフィ:デビュー作、:役名、
:特別出演、★★:二役

1992年
(1本)
1:「Cheluvi(花咲く木)=チェルヴィー/ガルギ・ヤックンディー、プラシャーント・ラーオ

1994年
(2本)
2:「Mukta」=ムクター
3:「May Madham」


1995年
(1本)
4:「Doghi」
(マラーティー)=クリシュナ

1996年
(1本)
5:「Daayraa - The Square Circle」ニルマール・パーンディー


1999年
(1本)
6:「Jahan Tum Le Chalo」ニルマール・パーンディー、ジミー・シェルギル


2000年(3本)
7:「Dr.Babasaheb Ambedkar(アンベードーカル博士)マンムーティー
8:「Kairee」アトゥール・クルカルニー
9:「Mission:Kashmir」アルターフ=ニーリマー/サンジャイ・ダット、リティック・ローシャン、プリティー・ズィンター、ジャッキー・シュロフ

2001年
(4本)
10:「Dil Chahta Hai(心が望んでる)=プージャ/アーミル・カーン、サイーフ・アリー・カーン、アクシェイ・カンナー、プリティー・ズィンター、ディンプル・カパーディヤー
11:「Pyar Tune Kya Kiya=ギータ/ファルディーン・カーン、ウルミラー・マートンカル


2002年
(3本)
12:「Agni Varsha」ジャッキー・シュロフ、ラヴィーナ・タンダン、アミターブ・バッチャン
13:「Dil Vil Pyar Vyar」ジミー・シェルギル、マダヴァン、ナムラター・シロードカル
14:「Junoon」チャンドラチュール・スィン
、シルパー・シェッティー
15:「Kitne door Kitne Paas」=ジャーヤー/ファルディーン・カーン、アムリター・アローラ

2003年(1本)
16:「Danav」


2004年(4本)
17:「Bride & Prejudice=チャンドラ/アイシュワリヤー・ラーイ、ナムラター・シロードカル、マーティン・ヘンダーソン
18:「Devrai」(マラーティー)アトゥール・クルカルニー
19:「Hanan」マノージ・バージパイ
20:「Silence Please...The Dressing Room」ジャッキー

2005年(2本)
21:「Dansh」
22:「White Rainbow」(ヒングリッシュ)


2006年(2本)
23:「Darna Zaroori Hai」アミターブ・バッチャン、アニル・カプール、スニール・シェッティー、アルジュン・ラームパール、リティーシュ・デシュモーク、ビパーシャ・バス、マリッカー・シェラワート、
イーシャ・コッピカル
24:「Taxi No.9211ナーナー・パーティカル、ジョン・エイブラハム


製作中、アナウンス済み
「Kaaran」
「Macbeth」

 

(c) Copyright 2001-6 Studio Third Eye,Namaste Bollywood. All Rights Reserved. since 2001.01.01.
★承認なしの直リンクを禁じます。

FRONT PAGE  ボリウッドスーパースター列伝  脇役商会  これくしょん  メール  リンク