ひんでぃーこれくしょん<T>
オススメ度 =陳腐 ★★=退屈 ★★★=平均点 ★★★★=面白い! ★★★★★=お気に入り!!
   
アッチャー・ソングス
ek do teen
アルカー・ヤーグニク
tumko hum dilbar kyon maane
アヌラーダー・パウドーワール
スデーシュ・ボースレー
so gaya yeh jahan
ニティン・ムケーシュ
アルカー・ヤーグニク
kehdo ke tum
アミット・クマール
アヌラーダー・パウドーワール
ek do teen
アミット・クマール

ナマステ・ボリウッド
オススメ通販ショップ

(インド映画DVD・書籍・雑貨・民族衣裳・サリー・パンジャビードレス・ファブリック)

ティラキタ
アムリタ
書肆なゆた屋
パインズクラブ
アジアハンター
はるばる屋

Tezaab (劇薬/酸)/1988 02.01.07 ★★★
製作・原案・脚本・編集・監督:N・チャンドラ/台詞:カムレーシュ・パーンディー/撮影:ババ・アーズミー/詞:ジャヴェード・アクタール/音楽:ラクシュミーカント−ピャーレーラール/振付:サロージ・カーン/スリル:ラーム・シェッティー/美術:ビジョンダース・グプタ
出演:アニル・カプール、チュンキー・パーンディー、マードゥリー・ディクシト、キラン・クマール、スパルヤー・アナン、アヌパム・ケール、ジョニー・リーヴァル、デーニーシュ・ヒングー、マハヴィール・シャー
特別出演:スレーシュ・オベローイ
友情出演:マンダキーニー
公開日:11月11日(年間トップ1ヒット!)
FILM FARE AWARD 主演男優賞:アニル・カプール/女性プレイバックシンガー賞:アルカー・ヤーグニク


STORY

人気歌手モヒニー(マードゥリー)が公演中にバイカーズ・ギャングに襲われた! 知らせを受けてボンベイへ舞い戻ったムンナ(アニル)は、彼女の父シャームラール(アヌパム)に掛け合い、5万ルピーで彼女の救出を請け負うが・・・。

Revie-U

ストーリーを見ても判る通り、「ストリート・オブ・ファイアー」(1984=米)の翻案! しかも、冒頭部分、コンサート会場へバイカーズが乱入するシーンはほとんどそのまま!! もっとも、ステージで演じられるナンバー「ek do teen」はバックグラウンド・ダンサーを従えたフィルミーダンスであるのが愉しい。

この知らせを受けて、ボンベイへ舞い戻るのがアニル・カプール扮するムンナ・バーイ。列車の屋根に突っ立って(!)戻って来るところがカッコイイ!!
地方の町で地回りをするしがないゴロツキの兄貴分とアンチ・ヒーローとして登場する彼であるが、元はれっきとしたエリート海軍士官。しかし、銀行に勤める両親をギャングどもに射殺され、いつしか身を持ち崩してしまった哀しきヒーローなのであった。
この銀行強盗襲撃シーンでは、「アンタッチャブル」(1987=米)、そして大本は「戦艦ポチョムキン」(1925=ソヴィエト)のオデッサの階段シーンが見られるのもポイント。
ところでこのムンナという役名、Rangeela(ギンギラ)(1996)でアーミル・カーンが演じていたムンナ・バーイと同じ役名。映画狂のラームゴーパル・ヴァルマだけに、本作を念頭に置いてのことだろうか。ちなみにこの役名、アニル自身が変更を希望したとかで、脚本ではシャーカルだったそうだ。
1980年代後半のアニルは乗り乗っていて、トップ1「Karma(仕事)(1986)、トップ2「Mr.インディア」Mr.India(1987)、トップ1「Ram Lakhan(ラームとラカン)(1989)と主演作が軒並みトップ1ないしトップ2ヒット。本作も年間はもちろん、彼主演作の中でもトップ1ヒットで、FILM FARE AWARD 主演男優賞を受賞。Chandni Bar(チャンディニー・バー)(2001)の劇中、1980年代のダンサー控室に彼のポスターが貼ってあったのも頷ける(ちなみに2000年のシーンではリティック・ローシャンになっている)。

アニルがマイケル・パレなら、ダイアン・レインマードゥリー・ディクシト。デビュー後、鳴かず飛ばずだった彼女だが、スバーシュ・ガイーの後押しで本作に出演。一挙、スターダムへと駆け上がった。ムンナに恋い焦がれる回想シーンで、プール監視員を務める彼の気を引こうとわざと溺れるシーンで披露した水着姿も印象的。
本作のヒット・ナンバー「ek do teen」がスターへ押し上げたのはマードゥリーだけではない。プレイバックしたアルカー・ヤーグニクもまた、この一曲で大きく花開き、FILM FARE AWARD 女性プレイバック・シンガー賞を受賞! 作詞ジャヴェード・アクタール、音楽ラクシュミーカーント−ピャーレーラールの軽快なメロディーは思わず口ずさんでしまうほど。
キャンパスで知りあったモヒニーはムンナに一目惚れ、しかし彼はミス・キャンパスにお熱を上げる。スッタモンダの末、ムンナがモヒニーに開眼。大学の屋上で彼女に迫るものの、つむじを曲げたモヒニーに袖にされたムンナは「ここから飛び降りるぞ! 1! 2!! 3!!!」と叫ぶのだが、これが歌に対応しているのは言うまでもない。ちなみに落下したムンナはコンクリートに激突しながらも、全身を包帯に包む重傷で助かり(毛深いからか?)、愛のミュージカルとなる(別のナンバーだが)。サブタイトル「A Violent Love Story」に相応しい??

さて、我らがヒーロー、ムンナ・バーイの相棒役はエイミー・マディガンに相当する女ガンマンでなくて、Kasam(誓い)(2001)のチュンキー・パンディー、まだスリムな頃のジョニー・リーヴァルらがまとめて担当。彼らはムンナの学友たちだ。
彼らを従えてモヒニー救出へと向かうムンナをインスペクター(スレーシュ・オベローイ)が呼び止め、ここからキャンパス・シーンの長い回想へとなる(下敷きにしてるのは掴みとクライマックスだけで、3分の2以上はオリジナルの回想シーンなのだ)。
そして、ようやく見られるモヒニー奪回シーンは、スラム街のオープン・セットを破壊しまくり、「マッドマックス2」(1981=豪)か「グレート・スタントマン」(1978=米)か、と言うほどのスペクタクル・アクションが展開!
またムンナは冤罪で度々捕まえられ、3度(!!!)も法廷シーンがある。牛顔の弁護士役の人はこの手の役が多くて、確か「ラジュー出世する」Raju Ban Gaya Gentleman(1992)の法廷シーンにも出ていたと記憶する。

アヌパム・ケールもこの頃だけに、金にうるさく酒に弱い嫌われ親父役。Dil(心)(1990)、Beta(息子)(1992)の系譜であるが、なんと本作ではマードゥリーを鞭打ちさえする! モヒニーが拉致されたのも、元はと言えば彼がギャングに入れ知恵したため。それと、「Tezaab(劇薬/酸)とは、彼が妻に酸を浴びせたことからタイトルになっている。
モヒニーを拉致するギャングのボス役が、キラン・クマールウィレム・デフォーのふてぶてしさはなく、ただ勢いあるだけなのがサビシイ。
インスペクター役のスレーシュ・オベローイも精悍な印象で、旧知のムンナに温情を示し、冤罪を暴く。彼が一旦は引き止めたムンナを長い回想後にモヒニー奪回へ行かせてしまうのは、ムンナの両親が勤める銀行にギャングが押し入った際、突入したがるムンナを止め、結局は両親が殺されてしまった経緯が伏線となっていたためだ。

監督のN・チャンドラは1980年代半ばから活躍するが、本作が唯一のビッグ・ヒット。台詞はAks(憎しみ)(2001)のカムレーシュ・パーンデー。振付は、「Rangeela」でバックグラウンド・ダンサー役のウルミラ・マートンドカルが付いているということになっていたサロージ・カーンが担当。


*05.09.20追記
ジャヴェード・アクタール「ek do teen」Film Fare Award作詞賞にノミネート、「kehdo ke tum」アヌラーダー・パウドーワールも女性プレイバックシンガー部門でノミネートされたが、惜しくもアルカーに破れた。

 
 
 

 

(c) Copyright 2001-6 Studio Third Eye,Namaste Bollywood. All Rights Reserved. since 2001.01.01.
★承認なしの直リンクを禁じます。

FRONT PAGE  ボリウッドスーパースター列伝  脇役商会  これくしょん  メール  リンク