ひんでぃーこれくしょん<T>
オススメ度 =陳腐 ★★=退屈 ★★★=平均点 ★★★★=面白い! ★★★★★=お気に入り!!
   
アッチャー・ソングス
kiska chehra

ジャギト・シン
アルカー・ヤーグニク
duppatte ka palloo
リチャー・シャルマー
tujhe dhoondoon mein
アルカー・ヤーグニク
ヴィノード・ラトード
kiska ban ja
サブリ・ブラザーズ
dil mera tarse
シャーン
サガーリカー


ナマステ・ボリウッド
オススメ通販ショップ

(インド映画DVD・書籍・雑貨・民族衣裳・サリー・パンジャビードレス・ファブリック)

ティラキタ
アムリタ
書肆なゆた屋
パインズクラブ
アジアハンター
はるばる屋

Tarkieb(方法)/2000  01.04.11 ★★★
タルキーブ

監督:イスマイェル・シュロフ/音楽:アーデーシュ・シュリワスターワ
出演:ナーナー・パーティカル、タッブー、シルパー・シェッティー、アディティヤ・パンチョリー、ミリンド・ソーマン、アシュトーシュ・ラナ、ラザック・カーン
、ラグヴィール・ヤーダウ

STORY
沼から女性のバラバラ死体が発見される。事件は地元警察の手に負えず、CBI(中央捜査局)の凄腕捜査官ジャスラージ・パテール(ナーナー)が派遣される。被害者は軍事病院に務める看護官(タッブー)と判明。捜査線上に浮かぶ男、男、男の影。果たして事件は解決するのか・・・?

Revie-U

「ONE MUDER SEVEN SUSPECTS」のキャッチコピー、切断された腕の発見、沼の底から回収される脚、冒頭からインド版猟奇サスペンスの臭いが漂う。スーツをバシッとキメたナーナー・パーティカルのCBI捜査官ぶりは、本編部分のルック(画調)と少々古臭い演出のタッチも手伝って、1940〜50年代のハードボイルド・ミステリーを思わせる。ヒロインはすでに殺されていて、容疑者の証言(回想)にしか登場しないというのも驚きだ。

軍事病院をめぐる殺人事件の捜査は、何かハリウッド映画に元ネタがありそうなのだが。それにしてもタッブーにつきまとう3人の男たちは、人相からしてすべて胡散臭く怪しい。しかもアディティヤ・パンチョリーみたいな二枚目を気取った風采のないB級俳優ばかり。頼りはナーナーの渋いウィスパーヴォイスだけだ。
事件は意外な展開から思わぬ犯人像が浮かぶ。果たして、この3時間はなんだったのか? 最近、踊り子役でメキメキ伸びてるシルパー・シェッティーはタッブーの同僚なのか、本業が踊り子なのか??
 
ダダみたいな指紋男がバックグラウンドダンサーというアヴァンギャルドなダンス・シーンにじんわりとけだるい本編との対比がなんともB級インド映画。ヒンディー語を理解する上級者向け。

*05.09.20追記
サポーティングに、屋台の盲人役ラグヴィールー・ヤーダウは、その後、ディル・セDil Se..(1998)の地方ラジオ局員、Lagaanラガーン(2002)の鶏使いブーラ役に大抜擢。容疑者役のアーキレーンドラ・ミシュラも「ラガーン」に鍛冶屋のアルジュン役で出演している。

 
 
 

 

(c) Copyright 2001-6 Studio Third Eye,Namaste Bollywood. All Rights Reserved. since 2001.01.01.
★承認なしの直リンクを禁じます。

FRONT PAGE  ボリウッドスーパースター列伝  脇役商会  これくしょん  メール  リンク