ひんでぃーこれくしょん<T>
オススメ度 =陳腐 ★★=退屈 ★★★=平均点 ★★★★=面白い! ★★★★★=お気に入り!!
   

アッチャー・ソングス
tei yaado mein
KK
シュレーヤー・ゴーサル
abhi toh main jawan hoon
アリーシャー・チノイ

hibbak
スザンヌ・D・メロー
ハムザ・ファルクィー
イール
o sanam
KK
シュレーヤー・ゴーサル

yaar piya
スニディー・チョハーン


ナマステ・ボリウッド
オススメ通販ショップ

(インド映画DVD・書籍・雑貨・民族衣裳・サリー・パンジャビードレス・ファブリック)

ティラキタ
アムリタ
書肆なゆた屋
パインズクラブ
アジアハンター
はるばる屋

The Killer/2006  06.09.05 ★★
製作:ムケーシュ・バット/共同製作:ヴィシェーシュ・バット/監督:ハスナイン・ハイデラバードワーラー、ラクシャー・ミストリー/脚本:サンジャイ・マソーム/作詞:ジャリース・シャルワーニー/音楽:サジード-ワジード/振付:ラージュー・カーン
出演:イルファン・カーン、エムラーン・ハシュミー、ニーシャー・コータリー、ザキール・フセイン、プリトヴィ・ズッシー、アヴタール・ギル
公開日:7月21日


STORY
ドバイのタクシードライヴァー、ニキール(エムラーン)は踊り子リア(ニーシャー)と知り合い、心惹かれる。だが、その夜、乗せた客ヴィクラム(イルファン)が殺し屋だったために事件に巻き込まれ・・・。

Revie-U

駐車中のタクシーに死体が落下するトレーラー(予告編)からして、トム・クルーズが非常な殺し屋を演じて話題になった「コラテラル」(2004=米)のイタダキとネタが割れていたが、殺し屋役をイルファン・カーンが演じていると知って俄然興味を覚えた。

イルファンは、「サラーム・ボンベイ!」Salaam Bombay!(1988)の手紙代書屋が印象に残っていたが、目が出る(!)までには案外時間がかかり、Ghaath(殺人)(2000)の不敵な悪役あたりで頭角を現し、「Haasil」(2003)では愛嬌があふれる兄貴分を演じるなどメインキャラクターもこなすようになったが、ここに来て「Bullet」(2005)で監督にも進出!
しかしながら、 「レオン」(1994=米)の勝手にリメイク映画Bichhoo(サソリ)(2000)でゲイリー・オールドマンに相当する悪徳刑事を演じたアーシーシュ・ヴィダヤールティーほどのクールさはなく、ラストのキレぶりも彼からすればアベレージであったのが残念。

一方、殺し屋を乗せて一夜にして人生が変わるタクシードライヴァー役には、「Murder」(2004)で汚名を売り、それ以降もスキャンダラスな役柄を一手に引き受けて名を馳せるエムラーン・ハシュミーを起用。
もっともその時点で、独立を夢見ながらも人生の決定打に欠けて雇われ身分に甘んじ続けていたタクシードライヴァーというオリジナルの設定とは大きくかけ離れ、単にアンダーワールドのドンに憧れる若者止まり。
その上、珍しくエムラーンが「善良な」キャラクターとあって、本来コメディアンであるジェイミー・フォックスが微妙なトーンでシリアスに芝居をこなしていたのとは異なり、今ひとつ感情移入しにくいのが難点。
こうなるとイルファンをタクシードライヴァーにし、エムラーンをクールな殺し屋に仕立てた方がよさそうにも思えるが、そうなるとヒロインとのロマンスがイルファンでは厳しいわけだ(苦笑)。

エムラーンの安っぽさからか、敏腕女検事から酒場のダンサーへ変更されたヒロインは「Sarkar」(2003)のニシャー・コータリーとなっており、ダンス・ナンバー「yaar pia」「abhi to main jawan hoon」などが用意されているものの、これまたぱっとせず。
「ダンサーもつらいのよ」とばかり、乗り合わせたタクシードライヴァーのエムラーンに心を寄せてしまう。

これらキャラクター設定以外はほとんどオリジナルのまま展開、演出面でも特に際立ったところはなし。
共同監督のハスナイン・ハイデラバードワーラーは、Kasoor(過ち)(2000)、「Jurm」(2005)などヴィクラム・バットの下で助監督をして来たつながりだからまだよいとして、相方のラクシャー・ミストリーは本年爆走のメガヒット「Krrish」(2006)やその前編「Koi... Mil Gaya(誰かみつけた)(2003)に助監督で参加。しかも本作の台詞が同じく「Krrish」や「23rd March 1931:Shaheed」(2002)のサンジャイ・マソームというから、今回の仕事ぶりには大いに不満が残る。
ハスナインとラクシャーは、もともとRaja Hindustani(1996)などダルメーシュ・ダルシャンの下に就いていた助監督仲間。そのつながりで、コピー作品ながら監督デビューの機会をとらえたハスナインが旧友のラクシャーを誘い(あるいはラクシャーが強引に飛び乗ったのか?)、「Krrish」つながりのサンジャイの参入となったのであろう。

さらには、ハリウッド・イタダキ専門のムケーシュ・バットが製作だけに、オリジナルのマイケル・マンがデジタルヴィデオ撮影に踏み切って大都会の夜をとらえた緊張感はすっぽりと抜け落ちてしまっている。
もっとも、「コラテラル」は野心的な撮影アプローチに反して、今やハリウッドの呪縛となったポリティカル・コレクトによるキャスティングの定石通り(つまりは、悪役が白人なら善人役が黒人)であったので、いささか食傷気味であったが。

そのような中、インド映画に相応しいアレンジとして、ターゲットの1人がジャズ・ミュージシャンからガザル・ガーヤックに<脚色>されていて、メランコリック・ナンバー「teri yaadon mein」が奢られている。

その他では、サポーティング・アクターも三流ばかりと、楽しみが薄いのが淋しい。 唯一、ニキールに目をかけるタクシー会社のボスにMaa Tujhe Salaam(母なる女神よ、汝に礼拝を)(2002)のアヴタール・ギルが配置されており、出勤前のニキールに親身に諭すシークエンスが本編中、最もよい出来であった。

*追記 06.09.11
殺し屋役のイルファン・カーンは、911をテーマにしたYuh Hota Toha Kya Hota(もし起きれば、何が起きる)(2006)でWTCの95階にいるところを旅客機の衝突を受ける。本作で、殺しのターゲットに誰何された際、「オサマ・ビン・ラーデン」と名乗っているのが興味深い。

 
 
 

 

(c) Copyright 2001-6 Studio Third Eye,Namaste Bollywood. All Rights Reserved. since 2001.01.01.
★承認なしの直リンクを禁じます。

FRONT PAGE  ボリウッドスーパースター列伝  脇役商会  これくしょん  メール  リンク