ひんでぃーこれくしょん<R>
オススメ度 =陳腐 ★★=退屈 ★★★=平均点 ★★★★=面白い! ★★★★★=お気に入り!!
   

オススメ・フィルミーソング
aao na aaona
アヌラーダー・パウドーワル
シュリーニワス
dil chura ke chardi
ウディット・ナラヤン
dost hamare kiyne
アビージート
jis ke liye sapne
アヌラーダー・パウドーワル
スクヴィンダール・スィン

ナマステ・ボリウッド
オススメ通販ショップ

(インド映画DVD・書籍・雑貨・民族衣裳・サリー・パンジャビードレス・ファブリック)

ティラキタ
アムリタ
書肆なゆた屋
パインズクラブ
アジアハンター
はるばる屋

Raja Ko Rani Se Pyar Ho Gaya(王子が王女に恋をして)/2000 01.04.02/08.03.24 ★★★
製作:ショーグン・プロダクション/脚本・監督:T・K・ラジーヴ・クマール/台詞:ラーマチャンドラ・シェルク、マンケーシュ・クルカルニー/撮影:ラヴィ・K・チャンドラン/作詞:ジャーヴェード・アクタル/音楽:ジャティン-ラリット/背景音楽:シャルレート/振付:カーラ、アフムド・カーン/美術:サブー・シリル、アミット・モーハン/編集:シェーカル・プラサード/衣装:ニータ・ルッラー、マニーシュ・マルホートラ(forマニーシャー)/スリル:ティヤガラジャン、パラニ
出演:マニーシャー・コイララ、アラヴィンドスワーミー、ディーナ・パタク、ゴガ・カプール、クニカー、シャバーズ・カーン、ナワーヴ・シャー、スシュマー・セート、ヴィホーン・ナーヤク、カンナン(象・新人)
特別出演:ジャッキー・シュロフ、ディヴィヤー・ダッタ
公開日:12月22日


STORY
祖母(ディーナ)から王子が王女に恋する話を聞いて育ったモヒト(アラヴィンドスワーミー)は、旅行中、川に転落したマニーシャー(マニーシャー)を助け、同時に恋をしてしまう。彼女を追ってムンバイーに行く口実は、代々伝わる象の置物が「盗まれた!」。兄のマンションに逗留したモヒトは、運よく彼女と再会。が、祖母が大切にしていた象の置物を壊してしまう。憂慮したマニーシャーが一案、子象のアプー(カンナン)を贈って・・・。

Revie-U

日本でも公開されたマニー・ラトナム監督作「ボンベイ」Bombay(1994=タミル)のマニーシャー・コイララアラヴィンドスワーミーの共演作!
アラヴィンド主演ということからも判るように、チェンナイ資本のヒンディー進出作。ラージャースターンやムンバイー(英語字幕はBombay)を舞台にしてはいるが、セット撮影やマンションのくだりはチェンナイで撮影され、ヒンディー語のアフレコが施された模様。
とは言っても冒頭のメーラー(縁日)シーンではナーガリーの書き文字があえて記されているので、タミル映画のヒンディー化ではなく、ソーナーリー・ベンドレーを起用したDil Hi Dil Mein(心は心に)(2000)と同様、あくまで北インドのマーケットを狙って作られたのだろう(そのためか、ボリウッド旧作フィルミーが随所に鏤められている)。

チェロ・プレイヤーのマニーシャーが自宅で演奏するメロディは、ラージェーシュ・カンナー×タヌージャーカジョールの母)主演の象映画「Haathi Mere Saathi(象さんと一緒)(1971)のメモラブル・メロディなのが嬉しいサービス。
これがデビューとなる子象カンナン扮するアプーの表情は、モーフィングによるVFXであろう。それにしても名演!

タイトル「Raja Ko Rani Se Pyar Ho Gaya」は、マニーシャーがアーミル・カーンと共演した「Akele Hum Akele Tum」(1995)のヒット・ナンバル(アヌー・マリク作曲/ウディット・ナラヤンアルカー・ヤーグニク)より引用。
「Bhool Bhulaiyaa(迷路)
(2007)で新婚早々のヴィディヤー・バランがラージャーとなった夫シャイニー・アフジャーに地声で口ずさんでいたフレーズがこれ。
マニーシャーは役名がマニーシャーだと言うのにアテレコ。美しさが目を引く頃なだけに残念。
(モヒトがイメージするに、シュリデヴィーの瞳、レカーの唇、マードゥリー・ディクシトの鼻筋、カリシュマ・カプールの髪。モンタージュのために映画雑誌のグラビアをザクザク切り出すとは!)

アラヴィンドスワーミーは、声色も手伝ってどこかアビシェーク・バッチャンを連想。どちらも育ちがよく人が良さそうなのだが、芝居に深みがない点が共通か。
そのアラヴィンドがボンベイに出て来て、出くわすロケ現場シーンでジャッキー・シュロフと、「Veer Zaara(ヴィールとザーラー)(2004)でZee Cine Awards助演女優賞を獲得、「Aaja Nachle(踊りに来て)(2007)でマードゥリーの親友役を演じていたディヴィヤー・ダッタが彼自身/彼女自身として登場。

後半、マニーシャーに結婚の圧力をかける敵役1にBadal(雲)(2000)のシャバーズ・カーン、敵役2が「Escape from Taliban」(2003)でマニーシャーを騙して第2夫人に迎えるナワーブ・シャー(本作ではまだ自毛の長髪が凛々しい)。
マニーシャーの祖母にK3G(2001)のスシュマー・セートアミターブ・バッチャンの怒れる若者映画で常連敵役だったゴガ・カプールがモヒトの怖面祖父を好演。
そしてなにより、冒頭にてラージャーとラーニーの昔話(人形劇)を語る祖母役、Raja Babu(ラージャー坊ちゃん)(1994)のディナ・パタクがなにより佳い。

T・K・ラジーヴ・クマールの演出はまずまず。
カットバックを多用したシェーカル・プラサードのアヴィッド編集も上々。
OM Shanti OM(2007)のサブー・シリルがアート・ディレクターとしてクレジットされているが、幽玄なナンバル「aao na aaona」中のセットと劇中のマンション・セットのセンスとクオリティが大違いであるため、劇中はプロダクション・デザイナー、アミット・モーハンのパートか。あるいは、当時はまだ垢抜けない仕事ぶりだったか。

小粒ながらなかなかに愉快な作品。ぜひマニーシャー自身のアフレコを実現してほしいところだ。

 
 
 

 

(c) Copyright 2001-8 Studio Third Eye,Namaste Bollywood. All Rights Reserved. since 2001.01.01.
★承認なしの直リンクを禁じます。

FRONT PAGE  ボリウッドスーパースター列伝  脇役商会  これくしょん  メール  リンク