ひんでぃーこれくしょん<P>
オススメ度 =陳腐 ★★=退屈 ★★★=平均点 ★★★★=面白い! ★★★★★=お気に入り!!
   
<TIRAKITA>でDVDを購入する
アッチャー・ソングス
pyaar tune kya kiya
ソーヌー・ニガム
アルカー・ヤーグニク
pyaar tune kya kiya
チトラー
kambakth ishq
アーシャー・ボースレー
スクヴィンダール・シン
ソーヌー・ニガム
ku ku ku
ソーヌー・ニガム
roundhe
ソウムヤー・ラーウ
roundhe
アリーシャ・チノイ
jaana
ソーヌー・ニガム
カヴィタ・クリシュナムールティー
kambakth ishq mix
アーシャー・ボースレー
スクヴィンダール・シン
ソーヌー・ニガム

ナマステ・ボリウッド
オススメ通販ショップ

(インド映画DVD・書籍・雑貨・民族衣裳・サリー・パンジャビードレス・ファブリック)

ティラキタ
アムリタ
書肆なゆた屋
パインズクラブ
アジアハンター
はるばる屋

Pyaar Tune Kya Kiya.../2001 01.09.04 ★★★
製作:ラーム・ゴーパル・ヴァルマ/脚本・監督:ラジャット・ムカルジー/撮影:サンジャイ・カプール/音楽:サンディープ・チョウタ/詞:ニティン・レイクワール
出演:ファラディーン・カーン、ウルミラ・マートンドカル、ソーナーリー・クルカルニー、スレーシュ・オベローイ、ラヴィ・バースワーニ、ラージパル・ヤーダウ、カッヌー・ギル
公開:4月27日


STORY

フォトグラファーのジャイ(ファラディーン)は、海辺で撮影中、ストレッチをする美女に出会す。彼女の写真が使用された新雑誌の創刊パーティーで、父親ジャスワール(スレーシュ)と共に現れたリア(ウルミラ)は自分がカバーガールにされたことを驚く。ジャイは彼女を説得、連日フォトセッションを組むうち、「結婚」の言葉をかける。それまで父親からの縁談を断り続けて来た彼女もメロメロになり、ジャイの家を訪ねると出迎えたのは妻ギータ(ソーナーリー)であった・・・。

Revie-U

Jungle(ジャングル)(2000)のファラディーン・カーンウルミラ・マートンドカル、そしてSCREEN VIDEOCON AWARD助演男優賞を受賞したラージパル・ヤーダウが引き続き登場。ファラディーンの精悍なところからして「Jungle」の終了後すぐに撮影に入ったのだろう。この夏公開のLKLKBK(愛のために何かしよう)(2001)ではあまりにも見違えた太めな体躯が気になってしまったが、本作の技量からすると今後が楽しみなではある・・・。

1990年代に注目されたストーカー映画、シャー・ルーク・カーンDarr(恐怖)(1993)、「アシュラ」Anjam(1994)、最近ではスニール・シェッティーDhadkan(ドキドキさせて)(2000)、2000年の東京国際映画祭でも上映されたラーム・ゴーパル・ヴァルマー「真犯人」Kaun? (1999)などいくつか偏愛映画が話題を呼んだ。男側からのストーキングがほとんどであったのは、イメージダウンにつながるため女優が出演したがらない背景もあったのだろう。

前半、縁談を頑なに拒んでいたリアがジャイが親しくなるまで、かなりスローな展開。ジャイが既婚という意外な事実で後半となる。職業柄、フォト・セッションでの「キレイだね! 最高! 結婚したいヨ!」のような掛け声はリップ・サービスであり、ジャイには恋愛感情は微塵もない。ミュージカル・シーンで一緒に踊っていたのもリア側の妄想だったというわけだ。
後半、リアは電話魔となり自殺願望でジャイの気を引こうとする。リアクションも妻のギータがヒスを起こす程度で「Darr」のシャー・ルークに比べるとリアのストーカー行為は大人し目で、劇伴がオーバーなだけに思える。が、これはラストで刃物を振り回すリアのインパクトを強めるためだろうか。実際、ウルミラの演技はかなりエキセントリック。
冒頭の登場シーンで見せる、ストレッチ・シーンはウルミラの鍛え抜かれた身体がダンサーと言うよりまるで格闘家のようだ。前半は強気な女ながら「結婚」の言葉に恥じらう可愛い一面を見せたかと思えば、後半一気にストーカー的情緒不安定なサイコ・モードに突入! ラストでは半狂乱どころか、精神病院へ入院しっ放し退院できる見込みなし、という救いのないエンディング!! ナイフでギータを突き刺す芝居も迫力があり過ぎる。他のスターならまず蹴ってしまうような敵役を引き受けたのもラーム・ゴーパルとの長年の信頼関係故だろう。

一方、ラージパル・ヤーダウは、編集部のチャイ係ながら裏で編集長を脅して大金をせしめる幕間喜劇的なエピソードにフィーチャーされている。しかし、Shool(槍)(1999)の赤帽、「Jungle」のゲリラと比べると印象が薄いのが残念。 ファルディーン、ウルミラらに比べると、スレーシュ・オベローイラヴィ・バースワーニーの芝居が古く見えるのは単にメイクの問題だろう。
ちなみにギータ役のソーナーリー・クルカルニーMission:Kashmir」アルターフ(2000)に続く出演となる。

R・G・Vは、このところプロデュースにも力を入れ、後陣の育成にも余念がないが、どこか趣味性の高い企画は監督せずにプロデュースにまわるリュック・ベッソンの立ち位置を思わせる。もっとも、サティヤSatya(1998)、「Shool」「Jungle」とイメージ的なミュージカル・シーンを廃してハリウッド指向を心がけていたが、先鋭化し過ぎと反省したのか本作やLKLKBKはマサーラー寄りのスタイルを取っている。
全編流れる、ハリウッド・サスペンスから抜き出したようなオーケストレーション・スコアは、「Jungle」FILMFARE AWARD バックグラウンド・スコア賞に輝いたサンディープ・チョウタによる仕事。ガネッシュ・ヘグデーの振付もパワフルだ。
まずまずなクオリティながら、公開直後にファラディーンがコカインの取引で逮捕されてしまい、3週目で50%を切る興業成績であった。

<TIRAKITA>でDVDを購入する

01.11.10追記
本作の後、ラーム・ゴーパルとウルミラは袂別。ラーム・ゴーパルは新作のヒロインにマニーシャ・コイララを据え、ウルミラはゲスト出演したLajja(恥)ラージクマール・サントーシー作品に出演すると言われる。

 
 
 

 

(c) Copyright 2001-6 Studio Third Eye,Namaste Bollywood. All Rights Reserved. since 2001.01.01.
★承認なしの直リンクを禁じます。

FRONT PAGE  ボリウッドスーパースター列伝  脇役商会  これくしょん  メール  リンク