ひんでぃーこれくしょん<K>
オススメ度 =陳腐 ★★=退屈 ★★★=平均点 ★★★★=面白い! ★★★★★=お気に入り!!
   

オススメ・フィルミーソング
ek ladki chahiye
ソーヌー・ニガム
ジャスピンデール・ナールラー
hai udd gayi re need
ソーヌー・ニガム
アヌラーダー・パウドーワール
paa liya hain pyar tera
ウディット・ナラヤン
アルカー・ヤーグニク
suno miya suno
ウディット・ナラヤン
サーダナ・サルガム
プールニマー
kaun kehta hai
アビジート
ek ladki deewani si


ナマステ・ボリウッド
オススメ通販ショップ

(インド映画DVD・書籍・雑貨・民族衣裳・サリー・パンジャビードレス・ファブリック)

ティラキタ
アムリタ
書肆なゆた屋
パインズクラブ
アジアハンター
はるばる屋

Kyo Kii...Main Jhuth Nahin Bolta
(なぜなら・・・私はウソは申しません!) /2001 01.12.14 ★★★
提供:ジーテンドル/原案・監督・編集:デーヴィッド・ダワン/製作:ショーバナ・カプール、エクタ・カプール/脚本:ユーナス・サージャワール、イムティアズ・パテール/撮影:K・S・プラカーシュ・ラーオ/美術:R・ヴェルマン/詞:デーヴ・コーフリー、プラティク・ジョセフ/音楽:アナン・ラージ・アナン/振付:ガネーシュ・アチャルヤー、B・H・T・K
出演:ゴーヴィンダ、スシュミタ・セーン、アヌパム・ケール、サティーシュ・コゥーシク、シャラード・カプール、ランバー、キラン・クマール、モーニシュ・ベーフル、アーシーシュ・ヴィダヤールティー、ラザック・カーン、グッディー・マールティー
公開日:9月21日


STORY
最高裁弁護士として一旗揚げるべく、田舎から大都会ムンバイーへやって来たラージ(ゴーヴィンダ)。町で見かけた美女ソーナー(スシュミタ)に一目惚れ、おまけに彼女は有能弁護士テージパル(アヌパム)の娘でもあった。トントン拍子で彼女と結婚。ラージは、願ってやまなかった大金持ちになるはずであった。しかし、ソーナーが持参金持たずに嫁いできたことからラージの中で何かがガラガラと崩れ・・・。

Revie-U

デーヴィッド・ダワンゴーヴィンダの名コンビ第17作目! デーヴィッドは本年前半に、サンジャイ・ダット&ゴーヴィンダでJodi No.1(相棒No.1)(2001)をリリースしているから、半年に1本と言うペース。現在ボリウッドでも最も売れている監督であろう。

本作のゴーヴィンダは、新進の弁護士が役どころ。と言っても、最高裁の前に露店(!!)で営業する弁護士だ。法衣の黒マントを着た姿は、Raja Babu(ラージャー坊ちゃん)(1994)のコスプレ写真を思い出させる。
彼が尊敬してやまない敏腕弁護士がテージパル。扮するはアヌパム・ケールで、登場場面の法廷シーンでは見事な弁護に大喝采を浴びる。ここで名優ぶりをさらりと見せ、以後は例によってのコミカル親父に徹する余裕がまたニクイ。

さて、ゴーヴィンダの初仕事である。早口が売りの彼であるから、さぞ名弁護士ぶりを見せるかと思えば、なんとアガッてしまい言葉が出ないと逆手を突く。
この裁判は、彼が一目惚れしたテージパルの娘ソーナーの依頼だけに、勝訴してもわずかな報酬しか受け取らず清廉な印象を与える。
ヒロイン、ソーナー役は元ミス・ユニヴァースのスシュミタ・セーン。さすがにアイシュワリヤー・ラーイと甲乙つけ難いゴージャスさを持っていて、アメリカ・ロケのミュージカル・シーンにも観入ってしまう。もっともコメディエンヌとしてはまだまだ磨かれるべきであろう。

ソーナーと結婚して玉の輿に乗るつもりでいたラージは当てが外れ、扱っていた殺人事件の裁判からアンダーワールドに深入りしてゆく。
ボスのカーラー役にアーシーシュ・ヴィダヤールティー、その仲介者クラナールにキラン・クマール、そして手下にラザック・カーンがキャスティングされている。
アーシーシュはあっさりとした程度だが、ラザックの出番が意外に多い。苦節ン十年の彼もようやく花開いたかのような近年の売れっ子ぶりである。その芝居も不敵なチンピラをコミカルギリギリのところで演じて冴えたところを見せる。

インターミッションを挟んで舞台は7年後。豪邸に住み、自力でサクセスしてみせたラージは、愛妻と子供たちに囲まれ幸福な毎日にあるように見える。ところが、彼はアンダーワールドと関わった7年前から浮気に走っていたことが発覚(もちろん彼が財を成したのもアンダーワールドの弁護を引き受けたことによる)。その相手のターラと言うのが、なんとランバーなのだ!
ラジニーカーント「アルナーチャラム」Arunachalam(1997=タミル)に比べると幾分スリムになったとは言え、それでも現代ボリウッド女優の水準からすると依然超弩級のランバー。本作の出演によりボリウッド映画雑誌数冊でもグラビアが組まれていたが、正直なところ、ミス・ユニヴァースのスシュミタを新妻ソーナーにキャスティングしていながら、7年間も関係が続く愛人役にランバーとは・・・。

こんな父母の不和を嘆いた息子の祈りが通じて、ラージは本心を隠しておけない毒舌となってしまう。つまり本作は「ライアー・ライアー」(1996=米)の翻案でもあるのだが、どちらかと言うと、田舎から出て来た純朴な青年が大都会で欲望に目覚め結局は得たものを失う「Shree 420(詐欺師)(1955)の系譜に連なる。もちろん、デーヴィッド・ダワンなので作品に深いテーマなどなく、とにかく笑ってもらえればよい、というスタイルだ。

その他のサポーティングはと言うと、Josh(激情)(2000)のシャラード・カプールがテージパルの婿アダラーシュ役で第3幕の敵役となるやり手弁護士を好演。
そして、カーラーらの殺しの現場を撮影し狙われるビデオジャーナリスト、ラージュー役にモーニシュ・ベーフル。成功したラージの家政婦にグッディー・マールティーの顔ぶれが見える。
また、田舎から出て来たラージを面倒見る万年露店弁護士モーハンに、サティーシュ・コゥーシクが扮している。彼は古株のコメディアン兼監督で、本年前半にもトゥシャールカリーナ・カプール主演Mujhe Kuch Kehna Hai(私に何か言わせて)」(2001)をリリースし、スマッシュヒットを飛ばしていた。

プロデューサーのエクタ・カプールは、提供者ジーテンドルの愛娘。つまり、トゥシャールと兄妹。2000〜2001年デビューの新人女優と言っても通じる美形なので、自分がデビューしたいと言い出してもおかしくないくらい。
まだ若い彼女がプロデューサーにクレディットされているのは単なる家族主義かと思いきや、実は彼女はバルラージ・テレフィルムの敏腕プロデューサーとしてTV番組の数々を制作、ついこの方、男性エグゼクティヴの数々を押しのけて「Society」誌によるSOCIETY ACHIEVERS AWARDS ビジネス部門を受賞したばかりの才女にしてテリウッドの成功者なのである。

興行的には、ムンバイーの第1週59%とゴーヴィンダ主演作では低めの入り(ランバーのせい?)。「Jodi No.1」に比べると6割減の興業に終わった。
 
 
 
 
 

(c) Copyright 2001-6 Studio Third Eye,Namaste Bollywood. All Rights Reserved. since 2001.01.01.
★承認なしの直リンクを禁じます。

FRONT PAGE  ボリウッドスーパースター列伝  脇役商会  これくしょん  メール  リンク