ひんでぃーこれくしょん<D>
オススメ度 =陳腐 ★★=退屈 ★★★=平均点 ★★★★=面白い! ★★★★★=お気に入り!!
   
アッチャー・ソングス
ae nazneen suno na
アビジート
chand aaya hai
カヴィタ・クリシュナムールティー
ウディット・ナラヤン
oh mariya
レモ・フェルナンデス
roja roja
ハリハラン
sanwar gai
スリニワース
ウディット・ナラヤン

ナマステ・ボリウッド
オススメ通販ショップ

(インド映画DVD・書籍・雑貨・民族衣裳・サリー・パンジャビードレス・ファブリック)

ティラキタ
アムリタ
書肆なゆた屋
パインズクラブ
アジアハンター
はるばる屋

Dil Hi Dil Mein (心は心に)
/2000 ★★★ 01.02.25 UP/01.11.11 Re
ディル・ヒー・ディル・メ
製作:A・M・ラトナム/脚本・監督:カティール/撮影:P・C・スリーラーム/音楽:A・R・ラフマーン
出演:ソーナーリー・ベンドレー、クナール、ナーズィル、アヌパム・ケール、ジョニー・リーヴァル


STORY
苦学生ラージャー(クナール)は、インターネットで知り合った美女ロージャー(ソーナーリー)に一目惚れ。彼女も彼に想いを寄せるが、実生活ではふたりはすれ違いのまま。しかも、ラージャーを後援していた学長ラームチャンドラ(ナーズィル)がロージャーの父親で、学会絡みから彼女の縁談を決めてしまう。果たしてラージャーはヴァーチャルでない現実の世界でロージャーを娶ることが出来るのか?

Revie-U

経済発展中、IT革命の旗手インドで爆発的に広まっているインターネットを題材にした電脳ラヴロマンス! 元ミス・ボンベイソーナーリー・ベンドレーが宝石のように美しいヒロインを演じており、彼女に見蕩れるだけでもラージャーのように十分幸福になれる・・・。

製作のA・M・ラトナムモリウッドをベースに活動するプロデューサーで、この10年間に35本の作品をプロデュース。最新作は、
アニル・カプール主演Nayak(英雄)(2001)。
脚本・監督のカティールもモリウッド出身で、ヴァーチャルな恋愛を展開させる一方、非ボリウッドな視点でリアルなインドの姿も忘れずに描き、それらの対比がやがて哀しいラストへと向かう。

プログラマーが憧れナンバー1の職業であるインドながら、もちろんすべての人々がインターネットに触れられるわけではない。そのため、ジョニー・リーヴァル扮するネット無知の教授がムスリム女学生を装ったネカマの学生にカモられるエピソードや、チャットの会話が進んでロージャーが自分の写真を送るメールで送る際、スキャンした画像がひらひらとネットカフェの中を漂い、ラージャーが使うパソコンに吸い込まれるなど、視覚的な演出が為されている。
また、世界中に張り巡らされたインターネットというヴァーチャルなホットラインに対し、各地をつなぐレールウェイライン、すなわち人間満載で走る旧態依然とした鉄道を現実世界のメタファーとする着想にも感心させられる・・・のだが、現実社会でくどいほどすれ違うラージャーとロージャーにあって、バンドラ駅のラッシュアワーがこれまたくどいほど登場するのが難点だ。ボリウッド・レビューでも指摘されていたが、メルセデスで送り向かいされるべき令嬢ロージャーがわざわざ電車通学するなど、テーマの消化不良がいくつか感じられる。

見どころは、今をときめくA・R・ラフマーンを起用したポップ&リリカルなミュージカル・ナンバーの数々だろう。オーシャン・ロードの断崖絶壁ギリギリにソーナーリーを立たせた空撮で始まるオーストラリア・ロケの「ae nazneen suno」、タージマハル・ロケとCGIで彩った「roja:roja」、豪華なスティック・ダンスの群舞が見られる「chand aaya hai」など、なかなか楽しませてくれる。

サポーティングには、ラーマチャンドラ教授に「ボンベイ」Bombay(1994)、「ジーンズ」Jeans(1998)の名優ナーズィル。ネットカフェのことをネSカフェと間違えてるドジな大学教授に、ジョニー・リーヴァル。主人公ラージャーの失恋話を聞き入る、ストーリーテラーならぬストーリーヒアラーの軍人役にアヌパム・ケールがキャスティングされている。また、
インターネットを美化しまくったミュージカル・ナンバー「o maria」には、「アルナーチャラム 踊るスーパースター」Arunachalam(1997)のサブ・ヒロイン、ランバーが特大マリアとして登場。

本作は、アンハッピーエンドという結末はもとより、受験に失敗して自殺者も多数出しているインドの受験競争や、女乞食が抱えるレンタル赤ちゃんの実態など、通常のボリウッド映画からするとショッキングなシーンが多かったためか、A・R・ラフマーンの音楽はヒットしたものの、北インドでは興行的にはさほどでもなかった。やはり、主人公がヒンディー圏では無名のクナールであることが大きかったと思われる。

   
   
 
 
 

(c) Copyright 2001-6 Studio Third Eye,Namaste Bollywood. All Rights Reserved. since 2001.01.01.
★承認なしの直リンクを禁じます。

FRONT PAGE  ボリウッドスーパースター列伝  脇役商会  これくしょん  メール  リンク