Home » アーカイブ

インフォメーション

▶ ふんばれ日本! ナマステ・ボリウッド東北支援報告

ナマステ・ボリウッドでは、本年3月11日に発生した東日本大震災の復興支援として当面縮小発行とし、これまでのランニング・コストから浮いた部分を支援物資に充て、岩手県釜石市の物産センター「シープラザ釜石」に設置された災害本部へ届けて参りました。
ナマステ・ボリウッド主宰 すぎたカズト

2011.04.23 - UPDATE!

▶ ~震災復興へ祈りを込めて~インド古典舞踊リサイタル

東日本大震災への祈りを込めて、ナマステ・ボリウッド連載コラム「カタックを語る」を執筆している佐藤雅子さん(みやびカタックダンスアカデミー)と南インド舞踊バラタナティアムの踊り手、山元彩子さん(ヌリティヤラクシャナ・ジャパン)共演によるインド舞踊リサイタルが開催されます。収益金は、義援金として日本赤十字社へ寄付されるとのことです。みやびカタックダンスアカデミーのスタジオで、優美なインド舞踊名手の演舞を間近で堪能してください。
 
「~震災復興へ祈りを込めて~インド古典舞踊リサイタル」
日時:2011年4月25日(月) 開場19:00 開演19:30
入場料:予約3000円/当日3800円(先着25名。ご予約はお早めにどうぞ)
予約・問い合わせ先 みやびカタックダンスアカデミー
会場:みやびカタックダンスアカデミー麹町スタジオ(東京都千代田区麹町3-12-7 麹町エイチティーズビルB1F/東京メトロ/有楽町線「麹町」駅 3番出口より徒歩2分/東京メトロ/半蔵門線「半蔵門」駅 5番出口より徒歩4分/JR総武線・都営新宿線・東京メトロ/南北線「市ヶ谷」駅9b出口より徒歩約8分)

タグ: イベント

2011.04.19 - UPDATE!

▶ ボリウッドおしゃべりお茶会(2)@西早稲田aunt

毎回好評の「ボリウッド講座@早稲田大学」休講の間、西早稲田で「ボリウッドおしゃべりお茶会」を開きます。ボリウッドについてあれこれざっくばらんにおしゃべりしたい方、ボリウッド初心者だけといろいろ知りたい方、ぜひどうぞ。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
まだ、いろいろな問題が残された状況ではありますが、オフ会を開催して、ここでしか会えない人たちとそれぞれの状況等、確かめ合ったり、ボリウッド話で日頃の生活にひと息入れてみませんか。
また、ナマステ・ボリウッドとしての東日本大震災支援活動の中間報告も行いたいと思います。
はじめての方もどうぞ、お氣軽にご参加ください。
*サポート会員の方、スタンプ6個でグッズ交換を当日行います(当日入会も無料)。
*好評のインド直輸入ボリウッド・ブロマイドくじ引きも行います(50円。激レア品にて、ひとり毎回1回限定)。
日時:2011年4月16日(土)午後3時〜6時
会費:1000円(カレー/チャイ付き:予約不要)
*サポートカードはポイントのみ追加となります。
会場:珈琲 家庭料理  aunt[あんと]
東京都新宿区西早稲田3-15-2 田口ビル1F Tel 03-6273-8885 map
*東京メトロ副都心線・西早稲田駅より、明治通りを馬場口交差点で右折し早稲田方面へ300m。
*地下鉄・東西線早稲田駅より、高田馬場方面に早稲田通り右側歩道を1km。
*JR高田馬場より、早稲田方面に早稲田通り左側歩道を800m。
*都電荒川線・面影橋駅より裏道で350m。
問い合わせはメールフォームからどうぞ。
*追記 2011,04,14
16日は、オフ会終了(6時)以降の居残りはありません。「もっとお茶したい」という人は、自主的に2時頃からお越し下さい(3時以前は各自オーダーとなります)。
*追記 2011,04,16
本日午前11時台に栃木県南部でM5.9の余震があった中、ご参加くださった方々、ありがとうございました。このような中、他県からも足を運んでくださって嬉しく思います。
来月は早稲田大学でのボリウッド講座も含めて計画しています。落ち着いた状況で集まれる日が一日も早く来てほしいものですね。

タグ: イベント

2011.04.03 - UPDATE!

▶ Shanti Japan 3.11

いち早く平穏が戻り、日本に居るあらゆる国の人々が勇氣と共にありますように

2011.03.12 - UPDATE!

▶ 3/12 オフ会@大阪を中止致します

11日午後に発生しました東北巨大地震の影響を考え、明日3月12日(土)に開催を予定しておりましたオフ会@大阪は、中止と致しました。

2011.03.12 - UPDATE!

▶ ヒンディー語/インド叙事詩・体験講座@和光大学ぱいでいあ

3月25日に予定していた和光大学オープンカレッジぱいであいあの無料体験学習日及び20日予定「聖者の宮廷講」は、東日本大震災の影響を考え中止となりました。

2011.03.05 - UPDATE!

▶ ソーナム in「I Hate Luv Storys」が沖縄国際映画祭で上映。

沖縄国際映画祭・長編部門にて、カラン・ジョハール製作、ソーナム・カプール N イムラーン・カーン主演「I Hate Luv Storys」(2010)が上映される予定。「Delhi-6」デリー6(2009)に続く日本上映第2弾となります。共演は、アーミル・カーンの甥っ子イムラーン。
詳細は、公式サイトにてご覧下さい。

タグ: カラン・ジョハール, ソーナム・カプール

2011.02.24 - UPDATE!

▶ 大阪アジアン映画祭2011「Kites」上映

関西周辺のボリウッド・ファンに朗報!
昨年、ニュー・ストリーム作品「Dev.D」デーヴD(2009)を上映した大阪アジアン映画祭。今年は、黒クロージングに、短縮のハリウッド・バージョン「Kites :The Remix」が全米オープニング10位にランクインしたリティク・ローシャン主演「Kites」カイト(2010)のボリウッド・バージョンを選定。
「Dev.D」で後悔した人(苦笑)、今年はトリッキーなラヴ・ストーリー「Kites」で涙を取り返してください。
前売り券は1000円ですが、チケットぴあの手数料を合わせると当日券より割高になってしまいますが、席数確保のためにはベターでしょう。
★尚、上映前日 3月12日(土)に大阪オフ会をアムリタと計画中。関西在住の方、こちらもお楽しみに。
日時:2011年3月13日(日)18:30〜
料金:1000円(当日1200円)チケットぴあにて発売中。
会場:ABCホール
公式サイト: http://www.oaff.jp/index.html
 

タグ: リティク・ローシャン

2011.02.13 - UPDATE!

▶ ボリウッドおしゃべりお茶会@西早稲田aunt

毎回好評の「ボリウッド講座@早稲田大学」休講の間、西早稲田で「ボリウッドおしゃべりお茶会」を開きます。ボリウッドについてあれこれざっくばらんにおしゃべりしたい方、ボリウッド初心者だけといろいろ知りたい方、ぜひどうぞ。
本誌KJRによる映画トークは、ナマステ・ボリウッド最新号(27号)特集の魅どころガイド+子役&デビュー作がお題。ナマステ・ボリウッド27号及びバックナンバーの配布、ムックスートラ「That’s Bollywood 2000’s」及びオススメDVD販売、インド直輸入ボリウッド・ブロマイドくじ引きも行います(50円。激レア品にて、ひとり毎回1回限定)。
*6時以降も追加オーダーで居残りor遅れて参加も可。
*サポート会員の方、スタンプ6個でグッズ交換を当日行います(当日入会も無料)。
日時:2011年2月19日(土)午後3時〜6時
会費:1000円(カレー/チャイ付き:予約不要)
*サポートカードはポイントのみ追加となります。
会場:珈琲 家庭料理  aunt[あんと]
東京都新宿区西早稲田3-15-2 田口ビル1F Tel 03-6273-8885 map
*東京メトロ副都心線・西早稲田駅より、明治通りを馬場口交差点で右折し早稲田方面へ300m。
*地下鉄・東西線早稲田駅より、高田馬場方面に早稲田通り右側歩道を1km。
*JR高田馬場より、早稲田方面に早稲田通り左側歩道を800m。
*都電荒川線・面影橋駅より裏道で350m。
問い合わせはメールフォームからどうぞ。
*追記 2011,02,20
ご参加くださった方々、ありがとうございました。
次回は3月19日開催予定。今回行きそびれた方、ぜひどうぞ。
*追記 2011,03,05
次回のオフ会@早稲田は、3月26日(土)に変更となりました。

タグ: イベント

2011.02.05 - UPDATE!

▶ 56th Filmafare Awards 2011

今年で56回を数え、インド政府が選定するNational Film Awardsと同じく長い歴史を持ち、ヒンディー映画産業で最も愛される「Filmfare Awards」が発表された。後発の映画賞の授賞式に先行されてしまうためインパクトが薄まってしまうためか、繰り上がって行われたものの、やはり受賞作品の顔ぶれは、Zee Cine Awards、Screen Awardsと大差ない。
逆に「Filmfare Awards」としてどう配分するかが注目するところであった。昨年のトップ1メガヒットであるサルマーン・カーン主演「Dabangg(大胆不敵)」が先の映画賞で圧勝を重ねて来たのに対し、監督賞(カラン・ジョハール)、主演男優賞(シャー・ルク・カーン)、主演女優賞(カジョール)がトリオで征し「マイ・ネーム・イズ・ハーン」My Name is Khan に面目を保たせつつ、「Dabangg」に作品賞はじめ5冠を与えている。
一見、これで因縁のトップスター両作を持ち上げた形に思えるも、その実、2010年におけるボリウッドの動向を如実に炙り出しているのが、ノンスター小品「Udaan(飛翔)」が最多の7部門制覇。この他、先鋭的な「Love Sex Aur Dhokha(ラヴ、セックス、そして裏切り)」2冠などからして、既存のメジャー作品に対してニュー・ストリームの隆盛ぶりが見てとれる。
カランの「MNIK」にしても「旧来」のスタイルからの脱却ととれ、ボリウッド全体でこの傾向は進むであろう。ただ、ここで云う「旧来」は単純に「歌と踊りのあるマサーラー映画」でなく、音楽面に関しても2010年後半からゼロ年代中盤あたりに強まったクラブ系サウンドの勇み足から変化を見せていること、またグルザールの「Kitaab(本)」(1977)などのように実は古くから市井の暮らしをみつめた非マサーラー映画の歴史があり、10年代に入って軌道修正が為されているように思える。
作品賞
「Dabangg(大胆不敵)」
監督賞
カラン・ジョハール/「マイ・ネーム・イズ・ハーン」My Name is Khan
主演男優賞
シャー・ルク・カーン/「My Name is Khan」
主演女優賞
カジョール/「My Name is Khan」
助演男優賞
ローニト・ローイ/「Udaan(飛翔)」
助演女優賞
カリーナー・カプール/「We Are Family」
新人男優賞
ランヴィール・スィン/「Band Bajaa Baaraat(花婿行列狂騒楽団)」
新人女優賞
ソーナークシー・スィナー/「Dabangg」
新人監督賞
マニーシュ・シャルマー/「Band Bajaa Baaraat」
音楽賞
サジード-ワジード&ラリット・パンディット/「Dabangg」
作詞賞
グルザール/「Ishqiya(色欲)」〜「dil toh baccha hai ji(心は子供のままに)」
男性プレイバックシンガー賞
ラーハト・ファテー・アリー・ハーン/「Ishqiya」〜「dil toh baccha hai ji」
女性プレイバックシンガー賞
マムター・シャルマー/「Dabangg」〜「munni badnaam」
スニディー・チョハーン/「Tees Maar Khan(勇ましき大法螺野郎)」〜「sheila ki jawani」
ストーリー賞
アヌラーグ・カシャップ&ヴィクラムアディティヤ・モトワン〜「Udaan」
脚本賞
アヌラーグ・カシャップ&ヴィクラムアディティヤ・モトワン〜「Udaan」
台詞賞
ハビブ・ファイサル/「Band Bajaa Baaraat」
撮影賞
マヘンドラ・シェッティー/「Udaan」
振付賞
ファラー・カーン/「Tees Maar Khan(勇ましき大法螺野郎)」〜「sheila ki jawani」
アクション賞
ヴィジャヤン/「Dabangg」
衣装賞
ワルシャー・シルパー/「Do Dooni Chaar」
背景音楽賞
アミット・トリヴェディ/「Udaan」
編集賞
ナムラター・ラーオ/「Love Sex Aur Dhokha(ラヴ、セックス、そして裏切り)」
音響設計賞
プリータム・ダース/「Love Sex Aur Dhokha(ラヴ、セックス、そして裏切り)」
クナール・シャルマー/「Udaan」
プロダクション・デザイン賞
ムクンド・グプタ/「Do Door Chaar」
ベスト・シーン賞
「Golmaal 3」
生涯功労賞
故マンナ・デイ
40周年記念賞
アミターブ・バッチャン
批評家選作品賞
「Udaan(飛翔)」
批評家選主演男優賞
リシ・カプール/「Do Dooni Chaar」
批評家選主演女優賞
ヴィッディヤー・バーラン/「Ishqiya」

タグ: 映画賞

2011.02.02 - UPDATE!