Home » アーカイブ

BOLLYWOOD STARS

▶ アイシュワリヤー・ラーイ・バッチャン

ミス・ワールド1994、ロンジン、ロレアル・パリのブランド・アンバサダーであり、カンヌ国際映画祭評議員を務め、マダム・タッソー蝋人形館にレプリカが収蔵。ボリウッドの王家バッチャンに嫁いだ美しき女神アイシュワリヤーへの扉がここに。

2010.09.29 - UPDATE!

▶ アーシャー・ボースレー

ASHA BHONSLE(プレイバックシンガー) 01.06.01 UPデーヴァナーガリー 表記ではボーンスレーとなるが、実際はボースレーと発音される。
1930年9月8日生まれ(1933年説あり)。マハーラーシュトラ州サーターラ出身。父親はマラーティー語劇団を持っていた人気俳優・歌手のディーナーナート・マンゲーシュカル(伝統声楽家とも伝えられる)、姉はインド映画音楽の芸神、ラター・マンゲーシュカル。妹ウー シャーもバジャンを得意とするプレイバックシンガー。息子2人、娘1人。子役からプレイバックシンガーへ転向した後、15歳で警察官(一説には16歳で配給検査官)に嫁ぐ。家計を助けるためプレイバックのレコーディングに通う。「Chunari(赤い布切れ)」(1948)で注目され、「Naya Daur(新しき時代)」(1957)のプレイバックが大ヒットし、一挙姉ラターと双璧をなすトップシンガーに。しかし、彼女の成功は夫の反感を買い、子供を連れて家を追い出される(単に死亡説あり)。1979年に作曲家兼プレイバックシンガーのR・D・バルマンと再婚、この時ばかりはインドのメディアも因習に反する再婚を祝福した。息子にヘーマントとチャイタンヤーがいる。
*05.10.18追記
本年8月、75(72)歳になるアーシャーをフィーチャーし、故R・D・バルマンの楽曲を集めたクロノス・カルテットとのコラボレーション・アルバム「You’ve Stolen My Heart」がリリース。
主 な受賞歴
1967年度 FILM FARE AWARDS 「Dus Lakh(100 万)」(garibon ki suno)
1968年度 FILM FARE AWARDS 「Shikar」(parden mein rahne do)
1971年度 FILM FARE AWARDS 「Caravan(キャ ラバン)」(piya tu ab to aaja)
1972 年度 FILM FARE AWARDS 「Hare Rama Hare Krishna」(dum maro dum)
1973年度 FILM FARE AWARDS 「Naina」(ehone lagi)
1974年度 FILM FARE AWARDS 「Pran Jaye Par Vachan Na Jaye」(chain …

2010.05.01 - UPDATE!

▶ アヌー・マリック

Anu Malik(音楽監督/プレイバックシンガー) 06.01.27 UP
作曲家サルダール・マリクを父に持つ。若干20歳余りにして「Poonam」(1981)の作曲家としてデビュー。ボリウッド映画音楽以外でも、1996年に「Eyes」というオリジナル・アルバムを発表。ベートーベンの「エリーゼのために」をフィルミーソングにアレンジしたり、自作のメロディーもリサイクルするなど、野心的な活動も。時に長尺のナンバーにも挑戦し、「LOC Kargil」レッド・マウンテン(2003)に提供した「main kahin bhi rahoon 」は 13分の力作(しかし、日本版DVDではミュージカル・シーンはすべてカットされて販売! 無念!!)。さらに「Ab Tumhare Hawale Watan Saathiyo」(2004)の「allah ke bande fame」は、なんと21分に及ぶという。
近年は特異な声を生かして「Deewane Huye Pagal」(2005)ではナレーターを務め、アイシュワリヤー・ラーイが白人と恋に落ちる「Bride & Prejudice」(2004=米英仏)、「Har Dil Jo Pyar Karega」(2000)、「Waqt」(2005)などにはカメオ出演も。
受賞歴
1993年度 Film Fare Awards「Baazigar(賭ける男)」(1993)
2004年度 Film Fare Awards「Main Hoon Na(私がいるから)」(2004)

フィルモグラフィ
1981年
1:「Poonam」☆
1982年
2:「Aapas Ki Baat」
3:「Mangal Pandey(マンガル・パーンディー)」
1983年
4:「Ek Jaan Hai Hum」
1984年
5:「Asmaan(天国)」
6:「Love Marriage(ラヴ・マリッジ)」
7:「Ram Tera Desh」
8:「Sohni Mahiwal(愛の伝説)」
1985年
9:「Jaan Ki Baazi(愛の賭け)」
10:「Mard」
11:「Phaansi Ke Baad」
1986年
12:「Allah – Rakha」
13:「Ek Chadar Maili Si」
14:「Jaal(網)」
15:「Karamdaata」
16:「Mera Haq」
1987年
17:「Hawalaat」
18:「Insaniyat Ke Dushman」
19:「Naam O Nishan(その名はニシャン)」
1988年
20:「Gangaa Jamunaa Saraswathi(ガンガー・ヤムナー・サラソヴァティー)」
21:「Jeete Hain Shaan Se」
22:「Maalamaal」
23:「Shukriyaa(ありがとう)」
1989年
24:「Aakhri Baazi」
25:「Abhimanyu」
26:「Dana Paani」
1990年
27:「Awaargi(放浪)」
28:「Doodh Ka Karz」
29:「Gunahon Ka Devta」
30:「Jaaydaad」
31:「Katamaak」
32:「Ladaai」
33:「Paap Ki Kamaee」
34:「Taaqatwar」
35:「Tejaa」
36:「Toofan」
37:「Vardi」
38:「Zammedaar(地主)」
1991年
39:「Bhabhi」
40:「Car Thief」
41:「Naamcheen」
42:「Ramgath Ke Sholay」
43:「Shikari(掟)」
1992年
44:「Chamatkar」
45:「Jaanam」
46:「Laat Saab」
47:「Maa(母)」
48:「Police Officer(ポリス・オフィサー)」
49:「Radha Ka Sangam」
50:「Virodhi」
1993年
51:「Baazigar(賭ける男)」
52:「Jaanam」
54:「Phir Teri …

2010.05.01 - UPDATE!

▶ カラン・ジョハール

年間トップ1、1990年代トップ4ヒットとなり、映画賞を総嘗めにした「Kuch Kuch Hota Hai」。実はこれ、カランのデビュー作!そして、監督第2作「時に喜び、時に悲しみ」Kabhi Khushu Kabhie Gham…が、またもや未曾有の大ヒット!!

2010.04.28 - UPDATE!